DemoCreatorPCを操作を録画しeラーニング教材を作成しよう!


操作開始画面では、「新規作成」「過去のファイルを開く」「サンプルを開く」の3つの設定が選択できます。

  • 新規作成
    空スライドから : 空スライドから、デモを作成します。この方法では、録画したスクリーンショットを挿入できます。
    スクリーンショットのキャプチャリング : スクリーン上の動きを録画して、デモを作成します。
    注意: DemoCreatorでは、マウスクリック時あるいはドラッグ&ドロー時に、スクリーンショットを録画します。
  • 最近保存したプロジェクトを開く
    “開く”をクリックすると、最近保存したプロジェクトを開くことができます.
  • サンプルを見る
    DemoCreatorで作成したサンプルデモをご覧になれます。
  • メイン・インターフェイス
    DemoCreatorのメイン・インターフェイスです。

2009-08-31_1336.png

メイン・インターフェースは、
メニュー・バー、スライドパネル、シーン、エレメント・バー、タイムライン・エディタ5つの部分から
構成されています。 画面の録画が終わった後に、シーンの白い部分にスクリーンショットが表示されます。

エレメント・バーを使うことで、デモに説明を加えたり、デモをインタラクティブにすることができます。
タイムライン・エディタを使うと、エレメントが表示されるタイミングを編集できます。
スライドパネルにはスライドの構造が表示され、画像として出力 することができます。

スライドを非表示にすることで、削除することなく、削除後のデモをプレビューできます。
スライドの削除は取り消しできないため、スライドを削除する前に、一度非表示にして確認することを
お勧めします。

スライドを選択後にスライドを非表示にを選択するか、タイムライン・エディタ上の2009-08-31_1322.pngをクリックすることで、
スライドを非表示にできます。スライドが非表示になると、スライドパネル上のスライドがグレイアウトする
とともに、2009-08-31_1322.png2009-08-31_1323.png に切り替わります。

このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player